防煙垂壁

防煙垂壁(ぼうえんたれかべ)とは、火災などで煙流入による被害を食い止めるために設置される排煙設備のひとつです。
どういった施設にこうした排煙設備の設置が義務付けられているかは建築基準法に詳しく規定されていますが、概ね不特定多数の人が出入りするような大きな施設で、天井から50cmほど垂れ下がる形で設置されているのを見かけることが出来ます。

ショッピングモールやオフィスビルなど、見栄えを気にして透明な板ガラスで作られていることの多い防煙垂壁ですが、地震の多い日本では、人が日常的に歩く頭上にガラスという割れる凶器が吊り下がっていることに不安を感じる声も最近では多くなってきました。
当然、割れにくいような加工や万が一ガラスが割れた時の飛散を防止する不燃シートなどの貼付を行うなど対策は施されているようですが、素材をガラスにするよりも、不燃断熱パネルを採用するほうがはるかに安全性が高く強いということは、イワタニはお伝えする立場にあるでしょう。

特にイワタニの不燃ハニカムパネルは建築基準法・消防法ともに適合基準をクリアしたケイ酸マグネシウムハニカムを使用していますので、安全性、不燃性にプラスして軽量化も大きな特長となっています。
枠材はアルミ製ですのでたわみ強度も高く、防煙垂壁に限らずあらゆる防災のケースでご想像以上の効果を発揮することと思います。
大切な社員が働く職場を守るために、不特定多数の人の安全性を守るために、お役に立てる技術があります。

最新のお知らせ

高品質パネルメーカーが作る
オリジナル製品

株式会社イワタニの先進パネル製作技術による信頼性の高い品質、システムの合理化により様々なお客様に最適な製品、オーダーメイドのパネルを提供しています。
断熱性に優れたパネルで製作した製品を業務用だけでなく、一般のお客様にもイワタニのオリジナル製品としてご提供させていただきます。

断熱パネルの専門メーカー

株式会社 イワタニ

〒406-0835 山梨県笛吹市八代町米倉1267-1
TEL.055-265-1871 FAX.055-265-1870
営業時間 8:30~17:30(月~金曜日)
定休日 土・日・祝祭日・夏季・冬季休業

Copyright © IWATANI Co.,Ltd. All rights reserved.